プロミスの審査を最短で終わらせ、即日融資を可能にするには

プロミスの審査が甘いとか、通りやすいとか、ウェブサイトでは様々な情報が出ていますが、本当はどうなのか、これからお金を借りるあなたは気になるところだと思います。

 

実際のところプロミスの審査は、思ったほど甘くはありませんが、普通の生活をしている人がお金を借りたい場合、金額によっては審査も簡単で、即日融資も可能です。

 

当サイトでは、プロミスの審査をはじめ、在籍確認、申し込み方法、来店不要なのか、店舗はどこにあるのか、受付時間は決まっているのかなど、あなたが気になる部分を詳しく説明して行きます。

 

>>今すぐプロミスでお金を借りるならコチラから<<

 

プロミスの審査基準について、詳しく説明していくと

プロミスの審査基準を知り、短時間で審査をクリアするためには、まず以下のポイントを抑えて必要があります。

  • 年収に対して3分の1以上の借入金額では無いこと
  • 他社からの借入が3社以下であること
  • 現在、仕事をしていて安定的な収入があること
  • 過去に自己破産、債務整理、ブラックリストなど履歴が無いこと
  • 最低でも過去3ヶ月間の支払い延滞、返済金の滞納などが無いこと

 

プロミスの審査基準│年収に対して3分の1以上の借入金額では無いこと

プロミスの審査基準に通るためには、まず現在の収入に対しての借入金額が、年収の3分の1を超えていない事が重要になります。

 

この理由は、総量規定という国が定めた法律で、年収の3分の1以上の借入が出来ないようになっています。

 

たとえプロミスに借入が無くても、他社の消費者金融や金融機関などで、年収の3分の1まで借りている場合、新たに借入することが出来ません。
※ただし「住宅ローン」「車のローン」「奨学金」などは、総量規定の対象外になります。

 

プロミスの審査基準│他社からの借入が3社以下であること

プロミスの審査基準には信用調査もありますので、申し込み時に他社からの借入は無いと嘘をついても、プロミスが調査会社へ問い合わせれば、すぐにバレてしまいます。

 

また現在、借り入れしている会社が4社以上あると、「多重債務者」と言う扱いになり、プロミスの審査に通らない可能性があります。

 

お金を即日で借りたい場合には、たくさんの会社にアプローするのではなく、お金を借りる会社を限定するほうが、プロミスだけでなく、他の金融会社も含めて信用できると判断される可能性が上がります。

 

そういった点を踏まえて、申し込み時の情報では、今現在の正確な情報を入力する方が即日融資の借り入れにつながります。

 

また、短期間で複数の消費者金融やクレジットカード会社、信販会社に申し込みをすると、それだけでお金に困っている人と見られ、審査に落ちます。

 

お金を借りたい場合には、どんなに困っていても、審査に落ちた事を考えて、複数の会社に融資の申し込みをすることは、絶対に避けなければいけません。

 

プロミスの審査基準│現在、仕事をしていて安定的な収入があること

プロミスの審査基準で重要な部分に、安定的な仕事をしているかどうか、というポイントがあります。

 

これはプロミスに限らず、どこのキャッシング会社でも一緒で、お金を借りた人が安定した給与を貰える仕事をしていない場合には、返済能力を持っていないとみなされます。

 

安定した仕事とは、大企業の正社員だけでなく、契約社員やパート、アルバイトでも可能ですが、勤続年数や雇用体系などは加点ポイントになることは間違いありません。

 

だからと言って、勤務先を偽ったりすると、在籍確認の際にバレてしまいますので、今の自分の現状を正しく書くことが重要です。

 

プロミスの審査基準│過去に自己破産、債務整理、ブラックリストなど履歴が無いこと

プロミスの審査基準で通らない可能性が高いのは、過去に債務整理や自己破産、また他社の返済を滞納し続けてブラックリストになった経歴がある場合です。

 

お金を借りる人が過去に信用を失っている場合、お金を貸す側では不安要因となるため、審査に通さない事が考えられます。

 

申込時の入力や電話確認などで、どんなに嘘をついても、信用調査会社に履歴が登録されている場合、借り入れをすることは極めて難しいと言えます。

 

プロミスの審査基準│過去3ヶ月間の支払い延滞、滞納などが無いこと

プロミスの審査基準では、申込時から最低でも過去3ヶ月間の支払い状況、延滞、滞納などが無いか、調査されます。

 

支払い義務があるものについて、滞納や延滞がある場合、やはり信用調査会社に履歴データとして記録されますので、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

逆を言えば、多少の借金があったとしても、支払いを延滞せずに、毎月決められた期日を守っている人は、信用が上がるため、評価ポイントとして加算される場合もあります。

 

住宅ローンや車のローンなどは、その良い例で、一度、銀行や他の金融機関に評価され、ローンを組んでいるという実績があり、毎月滞納せずに返済していると、当然の事ですがプロミスの審査基準でも加算ポイントになります。

 

>>今すぐプロミスでお金を借りるならコチラから<<

 

プロミスは在籍確認なしでもお金を借りることが出来るのか

プロミスは在籍確認なしで、お金を借りることが出来るのか、職場の人に知られたくないという理由から、気になっている場合もあると思います。

 

結論から言えば、プロミスは在籍確認なしでお金を借りることは、出来ません。

 

しかしプロミスの在籍確認は、会社に電話がかかってきても「SMBCコンシューマーファイナンス」や「プロミス」などの企業名を出すことはなく、在籍確認をする担当者の個人名で電話をかけてくれるので、キャッシングの在籍確認と思われにくくなっています。

 

とは言っても、普段、職場に電話がほとんどかかってこない人の場合、いきなり電話がかかってくるだけで、職場の人間に感づかれてしまう危険性も無いとは言えません。

 

そういった場合には、申し込み時の本人確認の電話で、担当者に直接相談してみることをおすすめします。

 

プロミスの在籍確認についても、担当者が出来る限り相談にのってくれます

プロミスは、借り入れを希望する人が、嘘を付かずに安定した仕事についている事の確認がしたいだけなので、社会保険証や社員証、給与明細書などで在籍確認が取れる場合もあります。

 

職場がお休みの土日や祝日に、即日融資が必要になった場合も、職場への電話連絡が待てない事を伝えて相談してみると、他の書類で在籍確認が取れる場合もあります。

 

ただし平日の場合であれば、即日融資を希望する場合、やはり最短の方法は職場への電話による在籍確認が一番おすすめです。

 

その場合、本人が不在だとしても、職場に在籍している事が確認できればオッケーなので、職場の人には、知り合いの紹介で保険の勧誘や、不動産投資の営業マンから、直接個人名で電話があるかもしれないと言うような、根回しをしておくなど、プロミスの在籍確認だと思われません。

 

プロミスの在籍確認が完了すれば、融資可能なのか判断が早くなりますので、即日融資を希望する場合には、職場への在籍確認を利用することをおすすめします。

 

>>今すぐプロミスでお金を借りるならコチラから<<

 

プロミスは即日融資が可能なスピードキャッシング

プロミスは即日融資が土日や祝日でも可能な、スピードキャッシングが特徴です。

 

無人契約機の店舗だけでなく、ウェブからの申し込みでも即日融資が可能なプロミスは、即日融資を望む利用者にとってメリットの多いキャッシングと言えます。

 

即日融資のスピードキャッシングと言えば、プロミスの他にも、CMでもお馴染みの最短30分のアコムが思い浮かぶ方も多いと思いますが、プロミスはアコムに匹敵するスピードキャッシングです。

 

プロミスで即日融資を申し込んだ場合、審査は最短30分で完了、申し込みから最短1時間で入金が可能です。

 

またプロミスとアコムを比較した場合、プロミスの方が借りる側にとって、金利や無利息期間の部分において、メリットがあることを後ほど詳しく説明していきます。

 

プロミスの無利息期間と他社との違い

プロミスの無利息期間で他社と比較した場合、大きな違いがあるのに気づかなければなりません。

 

  プロミス アコム
審査の時間 最短30分 最短30分
金利 4.5%〜17.8% 3.0%〜18.0%

500万までの場合→4.7%〜18.0%

無利息期間 初回借入日から30日間 契約日翌日から30日間
限度額 500万円まで 800万円まで
即日融資 可能 可能

 

プロミスの無利息期間は、アコムや他社よりメリットがある事実

プロミスの無利息期間は、他社と違い、大きなメリットがあります。

 

上記の図を見ていただくと、プロミスの無利息期間も、アコムの無利息期間も、同じ30日間と言う形に見えますが、実はプロミスとアコムの間では、大きな違いがあります。

 

アコムは申込後の審査が通れば即契約になり、その翌日から30日間が無利息期間になりますが、プロミスの場合は申込後の審査が通り、最初の借入日から30日間無料になります。

 

アコムは契約後、お金を借りなくても無利息期間がどんどん短くなっていくのに対して、プロミスは契約後、仮に数日後に初回借入をした場合なら、その借入日から30日間の無利息期間があります。

 

どちらも申し込み後、即日融資の場合には、30日間の無利息期間は変わりませんが、申し込み後、仕事上の都合やプライベートのスケジュール上、初回借入日まで間があく場合には、プロミスの方がメリットが大きいということになります。

 

プロミスの金利も他社のキャッシング会社より低くなっています

プロミスは金利の部分でも、アコムや他社のキャッシングサイトより、メリットがあります。

 

プロミスやアコムの公式サイトを見て比較すると、プロミスは年利4.5%〜17.8%となっていて、アコムは年利3.0%〜18.0%となっているので、パッと見るだけではアコムの方が金利が安くなっているように見えます。

 

しかし、借入金を500万円までとして比較した場合、プロミスは年利4.5%〜17.8%と変わらないのに対し、アコムは年利4.7%〜18.0%となり、プロミスの方が金利の面でもお得だと言うことが理解できます。

 

借入金額が500万円以上の場合は、年収が1500万円以上で他社の借入も無い個人という事になりますので、金利が下がるのは当然のことですよね。

 

プロミスやアコムなどの一般的な利用者は10万円〜50万円を借りたい場合が多いので、プロミスの金利の方がお得になります

 

>>今すぐプロミスでお金を借りるならコチラから<<

 

プロミスのカードローンで最短で借りる方法

プロミスのカードローンで最短でお金を借りる方法とは、どういう手順で行くべきなのかを説明していきます。

 

プロミスのカードローンは、ウェブから24時間365日、どこからでも申し込みが可能になります。

 

また借入だけではなく、公式サイトには、プロミスが用意しているコンテンツとして「お借入診断」や「返済シュミレーション」などもありますので、こちらを利用してみることもオススメします。

 

プロミスのカードローンは、ウェブなら即日融資も可能だったり、初めてなら最初の借入日から30日間無利息であったり、審査が通れば近くの銀行やコンビニでも利用可能です。

 

また借入金額が50万円以下なら「収入証明書」も原則不要ですし、借入金利も業界最安値になります。

 

では、ウェブから来店不要で、即日融資を利用するためには、どういう手順で進んでいくのかを説明して行きましょう。

 

プロミスの申し込み方法とは│プロミスカードローンで最短に借りるために

プロミスの申し込み方法は、「スマホやパソコンから申し込み」→「審査回答」→「お金を借りる」の3つのステップになりますので、非常に簡単です。

 

プロミスの申し込み│スマホやパソコンから申し込み

プロミスの申し込み方法として、スマホやパソコンから申し込む場合、「カンタン入力での申し込み」と「フル入力での申し込み」の2種類があります。

 

カンタン入力の場合、「個人情報」「自宅情報」「勤務先情報」「ご契約方法の選択」「メールアドレスやパスワードの登録」「書面の受取方法」「申し込みに関する連絡先」を入力するだけなので、文字入力に慣れている人であれば、約3分程度で入力が完了します。

 

ただ、カンタン入力の場合は、プロミス側で申し込み情報を確認してから、足りない部分を確認する電話があります。

 

この本人確認の電話は、9時〜21時までの時間で、都合の良い時間指定をする事も可能ですが、、審査状況によっては、希望時間以外の連絡になることもあります。

 

カンタン入力の方が、即日融資が早くなると思われがちですが、プロミスから最短でお金を借りたい場合には、「フル入力での申し込み」を当サイトではオススメします。

 

プロミスの申し込み方法で「フル入力」を選んだ場合、記入事項は多くなりますが、全部記入して申し込んだ情報により、審査の結果が連絡されます。

 

プロミスでの申し込みで時間をかけても、即日融資を望むなら、「フル入力」での申し込みがオススメです。

 

プロミスの申し込み│本人確認と審査の回答

プロミスの申し込みフォームに入力後、必要な情報をプロミス側で確認した後は、「カンタン入力」「フル入力」に関わらず、プロミスからの電話確認が入ります。

 

プロミスは申し込み者の信用調査、返済の滞納、支払いの遅れなどをチェックし、問題がなければ、最終的に担当者が個人名で、あなたの勤務先に在籍確認の電話をします。

 

プロミスの申し込み後、最終的なタイミングで、入力した勤務先に在籍確認の電話がありますが、あなたが不在だとしても在籍確認さえ取れればオッケーになります。

 

もし在籍確認の電話を指定したい場合には、プロミスから本人確認の電話があった際に、担当者に相談してみることが良いでしょう。

 

プロミスが信用調査に不備がなく、虚偽の記載も無く、あなたの職場への在籍確認も取れた場合、メールまたは電話にて、プロミスへの申し込みに対しての審査回答があります。

 

プロミスの申し込み│審査が通った場合に借入可能になります

プロミスの申し込み後、本人確認や信用調査、職場への在籍確認がとれ、問題なく審査が通ったのか、落ちたのか、最後にあなたの連絡先に報告があります。

 

無事、審査に通過した場合、プロミスからの借入が可能になります。

 

借入の方法は、ウェブの公式サイトから申し込みの場合、銀行の営業時間中は振込で即日融資が可能になりますし、プロミスの自動契約機がある店舗にて即日借入することも可能です。

 

ただ振込キャッシングの場合には、三井住友銀行とジャパンネット銀行へは基本的に24時間、即日融資が可能になりますが、他の銀行の場合、平日の9時〜14時50分までに振込キャッシングを申し込まないと即日融資は出来ません。

 

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外のキャッシングは、基本的に14時50分を過ぎてしまうと、平日の翌営業日9時30分ごろの入金となります。

 

平日の14時50分以降、また土日祝日に即日融資を受けたい場合には、審査が通っていることを条件に、近くのプロミスの店舗に行くことが一番です。

 

プロミスの店舗であれば、審査に通っていれば、即日カードを発行して、キャッシングで借入をすることができます。

 

プロミスは、ウェブの公式サイトから申し込んだ場合、自宅や職場に郵送物が届くこともありませんし、全てウェブサイトで完結しますので、利用者にとっても便利で使いやすいフリーローンのサービスです。

 

>>今すぐプロミスでお金を借りるならコチラから<<

 

 

プロミスの返済はどこで返すのか

プロミスの返済は、インターネットバンクからの口座振替、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ファミリーマートやミニストップやスリーエフにあるインターネットATM、ローソンATM、またプロミスの店舗に設置してあるATMなどで、返済することが出来ます。

 

プロミスの返済で、手数料を取られたくないのであれば、プロミスの無人契約機が設置されている店舗のATMや、三井住友銀行を利用することが重要です。

 

それ以外にも、プロミスの返済が可能なATMはありますが、手数料が掛かってしまうので、もしあなたが手数料を一番少なくしたい場合には、上記の銀行やATMで返済しましょう。

 

プロミスの店舗はどこにあるのか

プロミスの店舗は、全国に1069店舗(2016年3月末時点)もあります。

 

首都圏や主要都市だけでなく、地方にまで無人契約機やプロミスのATMなど設置してありますので、大抵の場合、どこに行ったとしても近くにプロミスの店舗はあります。

 

当サイトでも、プロミスの店舗がどこにあるのかをまとめてみたいと思いますが、今は公式サイトでチェックする方法が一番早いので、まずはプロミスの公式サイトをチェックしてください。

 

プロミスの受付時間は

プロミスの受付時間は、インターネットの公式サイトであれば24時間365日の受付が可能ですが、振込キャッシングの場合、指定する銀行によっては翌営業日になる可能性もありますので、注意が必要です。

 

プロミスの店舗の場合、一般的には9時〜22時(※一部の地域では21時)になります。

 

プロミスの審査に通っている場合には、土日祝日でもプロミスの店舗に行くことで、遅くまでキャッシングが利用できます。

 

プロミスの限度額│いくらまで借りられるの

プロミスの限度額は、いくらまで借りられるのか、公式サイトを見ると1万円〜500万円までとなっています。

 

しかし、誰でも500万円まで借りられる事はなく、総量規定(年収の3分の1)の限度を超えない範囲での借入が可能になります。

 

プロミスだけでなく、他社にも借入がある場合、年収の3分の1から他社の借入金を引いた金額が、今現状のプロミスの限度額になることを理解しておきましょう。

 

例)年収240万円、他社借入20万円の場合
240万円÷3=80万円(総量規定)
80万円(総量規定)−20万円(他社借入分)=60万円(現状の借入限度額)になります。

 

年収 総量規定 他社借入額 借入限度額
150万円 50万円 30万円 20万円
300万円 100万円 70万円 30万円
450万円 150万円 10万円 140万円
600万円 200万円 180万円 20万円
1800万円 600万円 100万円 500万円

 

このような状況を見て、借入限度額を増やしたいからと言って、プロミスの申し込み時に虚偽(嘘)の情報を入力すると、プロミスの審査の際に、信用調査で見つかることになり、審査に落ちることになりますので、申し込み時の情報入力は正しい数字を記入することが即日融資を可能にする唯一の手段です。

 

プロミスに収入証明を求められる金額とは

プロミスに収入証明を求められる金額は、50万円を超える借入を希望する場合、前年度の収入証明書が必要になってきます。
※50万円を超えない借入金額を希望している場合には、基本的に収入証明書は必要になりません。

 

収入証明がいらないから、申し込み時の情報を適当に書くと、必ずと言っていいほど審査に落ちますので、借入金額が少額だとしても、しっかり正確な情報を書きましょう。

 

>>今すぐプロミスでお金を借りるならコチラから<<